2008年 02月 24日 ( 1 )
2008年 02月 24日
新・山口市の通話特例

 3年前に合併した、新・下関市は、3つの通話区域に、またがることになっていたのだが、来月、まとめられるらしい。

[山口市と周辺の単位料金区域(地図)]

 今まで“0837”だった、2つの区域は、市内通話できる相手が、大幅に増える代わりに、ダイヤル回線の場合は、月々の基本料金が、事務用は50円、そして住宅用は100円ほど値上げ、ということだ。

 平成の大合併により、多くの自治体が要望していて、成田市豊田市などでも、すでに市外局番および単位料金区域の統一が、実施されていたりなんかする。

 今年度だけでも、9件あり、あの“大田原市”や“浜松市”も、含まれている。

 北は函館から、南は天草まで、変更が確認できたりもする。

[山口特例区域と小郡特例区域(地図)]

 山府市の誕生を夢見ていた私としては、防府市なしで、2年半前に誕生した、新・山口市の“小郡特例区域”に注目してきたのだが、変化はないようだ。

 二島や嘉川などと中心部を含む旧市域の北部とは、市内料金なのに、それより近く隣接してもいる、小郡と周辺地域は“山口特例区域”との間が、いまだに、市外通話扱い、ということになる。

 特例が適用されない“山口区域”では、2年前に、阿東町の局番が“08395”から“083”に変わり、1年前には、同町が山口市に、合併を持ちかけていたりする。

 それに、美東町08396”は来月、あの“秋芳町”などと合併し、美祢市になってしまう。

 そのあと、何か動きがあるのだろうか

 もし、下関のようになれば、南部“小郡区域”が昇級し、ダイヤル回線だと、同様に、値上がりすることになりそうだ。(嗤)


[NTT小郡ビルの周辺地図] [NTT秋穂電話交換所の周辺地図]
[NTT二島電話交換所の周辺地図] [NTT嘉川電話交換所の周辺地図]
[NTT四辻電話交換所の周辺地図] [NTT仁保電話交換所の周辺地図]
[NTT大内電話交換所の周辺地図] [NTT山口ビルの周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2008-02-24 07:35 | 市町村合併