2008年 03月 24日
信州新町

 長野の地方紙、信濃毎日新聞は「Shinano Mainichi Shimbun」なのだが、その略称“信毎”は、だからといって「SHIMMAI」ではなく、どうしたことか「shinmai.co.jp」や「shinmai.jp」だ。

 ハイフンの用途を「sanin-chuo.co.jp」や「sanin-chuo.jp」のように違えている、山陰地方の「SAN-IN CHUO SHIMPO」とは、異なった趣を醸し出したりしている。(嗤)

 朝日読売日経産経、それに毎日が、いずれも「SHIMBUN」なので、それを模倣しただけなのかもしれないけど、もし読み方が“シンモン”だったりして「SHIMMON」を真似ていたら、どうなっていたのかな

[信州新町 Shinshushin Town]

 ちなみに、アサヒ・コムには、訓令式で「sinbunsya」、そしてヘボン式では「shinbunsha」と説明している、記事がある。(哭)

 さて、そんな土地柄だからなのか、あの“信州新町”は、広報の表紙に、その名を「SHINSHUSHINMACHI」と記している。

 公式サイトドメイン名town.shinshushinmachi.nagano.jp」の中でも、同じであったりして、あの“川根本町”や“藪塚本町”のようには、分かち難いと思われる“町”を、切り離してはいない。

 もう1つの「town.shinshushinmachi.lg.jp」の情報によれば、登録者の英語での名称が「Shinshushinmachi Town」となっていて、これは以前ホームページにも、役場名として表示されていたようだし、道案内にも、そう書かれているらしい。

 しかし、画像検索を進めると、あの“宝達志水町”がそうだったように、別の標識「Shinshushin Town」も発見。(哭)

[SHINSHUSHIMMACHI]

 他には、町の観光協会美術館が、“不可分のマチ”と、捉えていたりして、行き渡ってはいるみたいだけれども、新町病院を含め、どれも「SHIMMACHI」ではない。

[信州新町 Shinshushinmachi Town]

 信州には、JR飯田線の「Ina-shimmachi」駅があるのに、離れているため、参考材料にはならなかったのだろうか。

 否、2年少し前まで、隣の上州に存在した、群馬県新町は、役場の近くに、JR高崎線Shimmachi」駅があっても、商工会ともども「SHINMACHI」だったし、JAL新町前社長に至っては、自身の旅券とは、異なっているはずの「Shinmachi」だったりするから、想像していたより遥かに、高い壁の厳存を実感する次第だ。

 なかなか「SHINSHŪSHIMMACHI」なので「Shinshushimmachi Town」というわけには、いかない

 ただ、あの“気象庁”つながりだろうか、デジタル台風に、アメダス観測所SHINSHUSHIMMACHI」が、見つかった。

 予想通り、MSN天気だと「Shinshūshin」と「Shin」、そして国の統計表では、概ね「Shinshushin-machi」と「Shin-machi」なのだけれども、前々回の国勢調査では「Shinshûshin-machi」であり、長音表記されていたりするから、驚くじゃないか。(嗤)


[信州新町役場の周辺地図] [旧・新町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2008-03-24 07:15 | 地名のローマ字表記

<< 旧・美東町      旧・藪塚本町 >>