2006年 04月 14日
city.yamaguchi.lg.jp
[縮小されている「山口市©」の題字][実寸にしてみた「山口市©」の題字]

 県庁所在地・山形市は「city.yamagata.yamagata.jp」という、ドメイン名をWWWサイトと、eメールのアドレスに使っている。

 いまだに、そうしている理由の一つは、3年前、岐阜県に山県市が誕生したため、短い「city.yamagata.lg.jp」を取得することができず、余計に、長くなってしまう「city.yamagata-yamagata.lg.jp」で、登録せざるを得なかったから、ではないかと考えられる。

 LGドメイン名で、繰り返してしまう類例は、知らない。

 対照的に、山形県庄内町は、当てつけではないのだろうけど、すっきりした「town.shonai.lg.jp」を快く、昨年7月に、新しい名称の町として、発足した当初から、利用している。

 昨年4月の官報で、大分県庄内町が昨年10月、そして、福岡県庄内町が先月、消滅することが、告示されていて、しかも、両町とも同じ、ヘボン式表記のローマ字名であったために、県名が必要な「town.fukuoka-shonai.lg.jp」という形式の名前で、登録されていたからこそ、すんなり、取得できたのだと言えよう。

 一時的に「town.yamagata-shonai.lg.jp」とすることも、また、ほとぼりが冷めるのを待つこともない、絶妙に、時宜を得た合併による、奇跡的なドメイン名と、言うことができそうだ。

 さて、第2回目のエントリで、それについての思いを述べた、山口市のアドレスが、今年度の始めまでに、めでたく「city.yamaguchi.lg.jp」への変更を完了されていたことが、わかった。

 そのドメイン情報には、英語の自治体名が、あの“周南市”に似通った「YAMAGUCHISI」と、つづられてしまってはいる。(嗤)

 まず、昨年7月に、メールが全面的に、つづいて、年度末に、サイトが、それらアドレスの中での、繰り返しをお終いにしてくれたようだ。

 惜しむらくは、ドメイン名に「www.」を付加しなければ、ホームページに、つながらない。

 それと、もう一つ、どうしてなのか、各ページ共通の“題字画像”が、そろって、縮小するように、大きさが指定されている。

 ブラウザによって、表示のされ方が、異なるようだけれども、私の場合は、そのために、文字の輪郭が、醜くなってしまう。

 合併してこのかた、ずっと、この状態だと思われる。

 あれれれ、旧・山口市でも、同じことが、行われていたらしく、項目を選択するための、実際の“表紙画像”は、ひと回り大きい。


[山口市役所の周辺地図] [庄内町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2006-04-14 06:30 | 市町村合併

<< 豊後大野市      旧・風連町 >>