人気ブログランキング |
2006年 03月 24日
養老町

 大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、神戸時代、故「OHGI」監督に、その登録名を決められて以来、チームが変わっても、ずっと、ジャージに、そのローマ字名を「ICHIRO」と、書いている。

[ICHIRO]

 プロ野球・千葉ロッテ球団のサブロー選手は「SABURO」であって、選手名鑑には、本名が「Saburo Ohmura」と、記されている。

 前々回のエントリにも出てきた、テレビドラマ“Gメン'75”の出演者に注目すると、夏木“陽介”は「YŌSUKE」、若林“豪”と伊吹“剛”は、ともに「GŌ」であるのに対して、丹波“哲郎”は、長音符が省かれて「TETSURO」と、表示されていた。

 WWW上の写真によれば、小さくて、はっきりとは、読み取れないが、原田“大二郎”も「DAIJIRO」だった、と思われる。

 どうやら、語尾に来る“ロー”という音は、OHで長音を表すには、抵抗があるのか、盧大統領など、韓国人名のような「ROH」には、なりにくく、長音記号を用いて「RŌ」とする必要が、感じられにくいのか「RO」と、つづられがちである、と言えそうだ。

 韓国人の名前と言えば、同国外交通商部の“潘基文”長官の読み方が、落ち着いていないようで、なかなか、興味深い。

 外務省によると、彼のローマ字名は「BAN Ki-moon」で、読み仮名は“ン・ムン”なのだが、放送局の中には、そのまま“ン・ムン”と、発音しているところがあるし、朝鮮日報や中央日報といった、韓国紙は“ン・ムン”と、書いているようだ。

 他にも、盧泰愚元大統領が就任した時に、あれは、CNNテレビで視たのだろうか、日本のニュースによると“ノ”なのに、ローマ字が「ROH」であることに、しっくりしない感じを覚えた。

 その後、Jリーガーだった盧廷潤選手が「NOH」であることと、盧武鉉現大統領は「ROH」であることを見届けた。

 eメールで、質問を受け付けている、韓国人に尋ねてみたら、どう氏名を表記しようと、当人の自由だそうで、旅券への記載も、父子や兄弟の間でさえ、つづりが異なってしまうことが、あるという。

 そういえば、国名“コリア”も「KOREA」ではなく「COREA」だったりする時があるから、致し方ないのかな。(嗤)

[KÔJIROU SHIMIZU]

 と、この辺で“ニッポン”か“ニホン”かが、定まらない日本の、原田大二郎に戻って、彼自身による、つづり方はというと、うん「Daijirou」だったりするし、俳優つながりで、清水“宏次朗”を調べてみると、うん「Koujiro」であったりする。

 何年か前に、テレビ放映されていた、Vシネマだったと思うが、そこで目に飛び込んできた「KÔJIROU」には、うんうん、驚き入るしかなかった。

[YORO-Cho]

 などなどと、思いを巡らせているところで、岐阜県養老町が、今月から、WWWサイトのアドレスを変更したことを知り、訪れてみたら、おやおや、意外にも、画像で、長音符号を使用し「YŌRŌ」と、名乗っていたりしているではないか。

 4年近く前に調べた際は、あの“大町町”にしか、見つけられなかった、ヘボン式長音表記の自治体名としては、2例目となる。

 “養老マチ”ではないことを明確にするために、できることならば「YŌRŌ-Chō」で、あってほしいところだけれども、球界の“陽選手”を想起させる「YOURO」や、よもやの「YÔROU」などには、されていなくて何より、といったところである。


[養老町役場の周辺地図]

by sampu4 | 2006-03-24 07:03 | 地名のローマ字表記

<< 旧・風連町      大田原市 >>