2006年 02月 24日
大町町

 プロ野球・オリックス球団が、ブレーブスだった頃、テレビを通して見た、佐藤投手のジャージには、あのG.G.選手の「SATO」とは違い、名前が「SATŌ」と、ヘボン式で、長音表記されていた。

 当時の写真は、見つからなかったけど、WWW検索したら、前身の阪急時代にも、同じローマ字名だったことが、分かった。

[Y.SATO(-)]

 その後、スポーツ番組の映像により、入団当初は「Y. SATŌ」と、記されていたことも、加えて、確認することができた。

 同僚だった、加藤選手も「KATŌ」だったようだが、両氏とも、指導者となった頃までに、OH長音表記の「SATOH」と「KATOH」などに変わってしまい、字上の符号は、見られなくなった。

 アマでは、都市対抗野球で、何年か前に「ŌHIRA」を目撃した。

 「OHHIRA」にすると“オッヒラ”と読めてしまうし、かといって「OHIRA」だと“オーイラ”か“オヒラ”にも、なってしまう。

 ここまで追い込まれて、やっと長音符が、起用されるみたいだ。

[OHHARA]

 しかしながら、東京ヤクルト球団の大原選手は、本拠地用と敵地用、いずれのジャージにも「OHHARA」と、書いている。

 プロ球界への“Ō”復活の機会を、逸してしまっている。

 新聞業界において、心外なのは、デイリー・ヨミウリが、WWWサイトの天気ページに、地方名として“東北”を「Tohhoku」と、つづっていることで、どういう心理からか「Kanto」や「Tokai」としているのに、ここに限っては、無理に“H”を重ねている。

 他にも、駅を題材にしたコラムでは、以前のエントリに出てきた“遠野”が、駅名は「Tōno」なのに、その読み仮名に影響されたのだろうか、他は“道後”温泉駅「DOGO」や“養老”駅「YORO」などと、しているにもかかわらず、こちらは“O”が重なってしまい「TOONO」と、書かれてしまっている。

 あの“当麻町と南島町”の比較から感じられるのと、似た気持ちの働きからか、同じ寄稿者による“門司港”駅は、引き音が語尾であるためか「MOJIKO」と、表記されている。

 などなど、調べている中、思わぬ発見だったのは、遠野高校が、WWW各ページに、校名を「Tōno」と、表示させていることだ。

 地方公共団体では、恐らく唯一、佐賀県大町町が「Ōmachi」と、字上符付きのローマ字で、名乗っているのを探し当てた。

 欲を言うと、英語のページがないことだし、読み方を“マチ”なのか“チョー”か、明確にするためにも「Ōmachi-Town」の代わりに、私の理想とする「ŌMACHI-Chō」であれば、文句なしだ。

 だけど、同町商工会には、行き届いておらず、それでも、あの「OHI」よりは、心理的に「OHMACHI」とさせる、作用が弱いのか、サイトのアドレスともども、同会の名前は「OMACHI」だ。

 ところが、よく見ると、同会のeメールアドレス内には、担当者が違ったのだろうか、町名が「oomachi」と、つづられている。

 おやおや、その前は「oomati-s@」だったようだ。

[OMACHI-Cho]

 あきれて、同名の長野県大町市を確認してみると、同市のサイトには「Omachi」しか見当たらないし、商工会議所の英語名の中でも、同じ市名であることが、わかった。

 市立第一中学校北小学校にも、同表記が認められるが、県立の大町高校北高校には「ohmachi」しか、見つからない。

[TOHOKU-Cho]

 過去にも“箕面市”や“日進市”などに、似たような事例があった。

 あっ、そういえば、青森県に東北町が、あるのを忘れるところだった。

 ホームページに「Tohoku」と書いてありながら、広報“とうほく”の表紙には「Touhoku」と、印刷されてしまっている。


[大町町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2006-02-24 05:36 | 地名のローマ字表記

<< 由宇町      新・紀宝町 >>