2006年 01月 24日
大井町と大飯町
[Oi Town]

 神奈川県大井町WWWサイトには、その著作者名が「Town of Oi」と書かれていて、同じく、ドメイン名の中でも「oi」であり、それを登録している、役場の英語名は「town hall of oi」なのだけれど、もう一つの「town.kanagawa-oi.lg.jp」をドメイン情報検索してみると、我慢できなかったのか?「OOI TOWN」になっている。

[OI-Machi]

 県立大井高校は「OI」だけど、大井町商工振興会のドメイン名は「ohi-syoko.com」で、そのサイト内には「ohishokoshinkoukai」という、あの“曽於北部合併”に似た、長音表記が見られる。

 昨年10月に消滅した、埼玉県大井町は、2つのドメイン名の中や、その登録情報、そしてサイト内でも、すべて「OI」と表記しているが、大井町商工会は「Ooi」と、つづっていることが分かる。

 でも、商工会の催しに使った、地図には「OI」と印刷してある。

 埼玉県立大井高校は、以前「www.ohihs.oi.saitama.jp」だった頃には、ローマ字名も「OHI」と、OH長音表記していたが、現在のアドレスに移行してからは、今度は、それにならって、サイトの中でも「Ooi」に、改めていて、柔軟な対応ぶりが、うかがえる。(嗤)

 それと同時に、同県立学校一覧で、同高校の下に並んでいる、同じ“大宮”という地名の付く校名ですら「ohmiya」か「omiya」かで、異なっているところから、恐らく“オーイ”も、それらWWWアドレスの管理者が、恣意的に、決めたのだろうと、推し測れる。

[JR西大井駅の駅名標]

 いくら、JR御殿場線“上大井”駅が「Kami-ōi」であっても、入社式に向かう途中、初めてだった満員電車の、人いきれに耐えかねて、名前も知らずに降り立った、というか、しゃがみ込んだ、たまたま、その日に開業した、JR横須賀線“西大井”駅が「Nishi-Ōi」でも、どんなに、JR各線東急線りんかい線の“大井町”駅が、そろって、ヘボン式の「ŌIMACHI」であろうとも、それだけでは“「ŌI」→「OI」”という、単純処理には、結びつきにくい、限界が感じられる。

[atré Ôimachi]

 自治体みずからは、もちろんのこと、商工会議所や学校名に付く“大阪”は「OSAKA」、確率は下がりそうだが“大分”は「OITA」というふうに、割り切れても、大宮市が消滅したこともあって、どうしても「OHMIYA」に、文字数に物足りなさを覚えるのか、とかく「OOI」や「OHI」にしたい気持ちが、働いてしまうようだ。

 駅ビル“アトレ大井町”が「atré Oimachi」と、名乗っているのに、そこに出資している、JR東日本ですら、そこの情報を提供する場で、わざわざ「OHIMACHI」に、つづり直している。

 たとえ、仏字を用いて「Ôimachi」と改名しても、あのŌHBA」のような事態が、起こらないとは、限らないから、恐ろしい。

[OI-Cho]

 これら“大井”の歴史的仮名遣いが“オホヰ”である一方、3月に合併し、おおい町になる、福井県大飯町は“オホヒ”だからではなかろうけど、ローマ字での町名を「OHI」と、表記している。

 2つのドメイン名「town.ohi.fukui.jptown.ohi.lg.jp」の登録情報は、もちろんのこと、隣村との合併協議会、それに大飯町商工会、そして大飯原発WWWサイト内でも、徹底されているようだ。

 ただ、旧アドレスを平然と、継いだっぽい、商工会には「ooi」も、また、大飯町観光協会にも「OOICYOU」が、確認できる。


[大井町役場の周辺地図] [大飯町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2006-01-24 07:11 | 地名のローマ字表記

<< 大江町と旧・大江町      仙北市と旧・仙北町 >>