2005年 12月 24日
旧・音別町

 数年前に調べたとき、北海道音別町のWWWサイト・アドレスは「/ombetsu/」で、そのホームページには「OMBETSU」と、明記されていたのだが、釧路市の飛び地になることが決まり、数ヶ月前、再訪してみると、アドレスが「www.onbetsu-hokkaido.jp」に変わっていて、サイト内においても「onbetsu」と、つづられていた。

 合併後は、市の行政センター用に使われている、新アドレスのドメイン情報を検索すると、平成14年度末に「Onbetsu town office」という英語の組織名で、登録されていることが、確認できる。

 ところが、平成16年1月には、どういうわけか、地方公共団体用のドメイン名「town.ombetsu.lg.jp」を「OMBETSU TOWN」という役場名で、取得していることが、判明してしまった。

 単純に「OMBETSU」→「ONBETSU」→「OMBETSU」という、移り変わりではなくて、「ONBETSU」が、生き残っている。

[Onbetsu Town]

 写真検索すると、道路に立っている、市町村標識には「Onbetsu」、そして、JR音別駅標識には「Ombetsu」と、書かれていることが、わかる。

[Ombetsu]

 過去のエントリに出てきた、中学時代に与えられた、和英辞典には、使用上の注意として“ローマ字のつづりはヘボン式に従い,「ン」だけはすべてnで表した.”というふうな、説明がある。

 そうしている事情を考えることなく、7年周期で、3大新聞をとっている、実家を出るまで、たぶん「THE YOMIURI SHIMBUN」と併記されていた、当時の題字を知ることなく、就職した私は、そこで出会った“仙場”先輩が、その名を「SEMBA」と記していることに、気付くことにより、およそ6年越しで、それを了解できた。

 少し前、ジャパンタイムズで、長生きの“仙場”夫妻が、独自記事の中では「Senba」、通信社から配信された部分では「Semba」というふうに、区別して、つづられているのを見つけた。

[OMBETSU-Cho]

 以前、ヘボン式ローマ字を支持する理由の終わりに述べた、その方式の定義に関して、この点は“M”が、適当だと思う。

 とある、英国の地名一覧表に、並んでいる“Cambridge”と“Camden”を辞書で引くと、それぞれ「ブリッジ」と「キャデン」のように、カタカナ翻字してある。

 現在では、通例、バ行音の前に来る“M音”は、反対に“”を使って、書き換えられるようだし、例えば、ハ行音の場合、石川県羽咋市が「HAKUI」であるのに対して、福井市のほうは「FUKUI」といった具合に、文字を使い分けているのだから、そういう表記をする、ヘボン式なのだから“MB”が、妥当なところだろう。

 それから、南アフリカの「MBEKI共和国大統領と、ケニヤのマラソン選手「NDEREBA」姉妹の違いが、思い浮かんだりもする。


[旧・音別町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2005-12-24 05:55 | 地名のローマ字表記

<< 2つ目の伊達市      周南市 >>