2009年 09月 24日
安中市

 過去に登場した“中之条町”と“東吾妻町”とは、役場間が2km半ほどしか離れておらず、後者はJR群馬原町駅の前に建っていて、その駅は英語名が「Gumma-Haramachi Station」だったりする。

 そして、鉄道を西に進むと、隣町との境界を越えたところに、いま話題の場ダムがあり、小書きされずに“”だったりもするところが、気にならなくはなかったりもする。(嗤)

 ローマ字つづりも、工事事務所は「YANBA」と名乗っているのに、そこが発行している広報誌には「YAMBA」と記載されていて、案の定、報道機関によっても異なっていたりする。

[〒379-0192 群馬県安中市安中1丁目23番13号 安中市役所 (Ayuntamiento de Annaka)]

 さて、ダム建設現場のある長野原町とは、わずかに隣接していない、群馬県安中市を探ったら、ホームページの一番下に“外国人生活ガイド”が見つかったので、いつものように、市庁舎の住所表記を確かめてみると、英字での“安中市安中1丁目”が、妥当と思える「Annaka 1-chome,」ではなくて、無理やり「23-13, 1-chome, Annaka, Annaka-shi, Gunma-ken 379-0192」といった具合に、逆転してあったりなんかする。(哭)

 また、スペイン語の読者に対しては、わざわざ違えて、漢字での書式と同じ「379-0192 Gunma-ken, Annaka-shi, Annaka 1-23-13」という順序で、並べられているから不思議だったりもする。

 あの“千歳市”や“愛知県”などに、似た事例が認められるけど、どういうわけか欧文でも、その言語によって書き分けたくなる気持ちが、生じてしまうことがなくはないらしい。


[安中市役所の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2009-09-24 07:23 | 地名のローマ字表記

<< 文京区      小美玉市 >>