<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2010年 05月 24日
周防市と長州市あるいは防長市

 大阪の知事が、府市再編を提唱してから少したつけど、山府市の誕生を夢見ながら私は、こんな県と市の編成も考えていた。

 平成の大合併は、基礎自治体を減らすことが目的なのだから、いっそのこと山口県を二分しては、どうなのだろうかと。

[山口県(防長市)の地図]

 のちに山口市へ編入された、あの“阿東町”が、そうではないけれども、周防国だった地域と、ほぼ全域が長門国だったらしい、残りの部分とに。

 名称は“周防市”および、長門市は現存してしまっているので“長州市”だったりしたら、異論が少ないのではなかろうか。

 そして、それぞれ、岩国・柳井、周南、山口・防府の3つ、萩・長門、厚狭・美祢、豊関といった風にでも区割りして、政令指定都市に移行することで、県の権限が減り、その規模が大幅に縮小できるはずだ。(悦)

 しかし後者の場合、あの“相模原市”や“熊本市”などが集めた、人口要件の70万に、数万人ほど足りない。(困)

 そのために昇格が認められないのなら、思い切って全県で1つの“防長市”になる、という手だってなくはない。(嗤)

 それでも、最大の横浜市より200万人余りも少ないくらいだし、おまけに、市町村合併を推進した、県知事が不要にもなりそうだ。

 となると、市役所の中に県庁部でも設置しておき普段は、そこの部長が全国の都道府県と付き合うことになるのかな


[PR]
by sampu4 | 2010-05-24 07:34 | 市町村合併
2010年 05月 14日
大野町

 大分県にあった“大野町”が、概ね「OHNO」だったことが、想像よりも根深かったらしく、あの“豊後大野市”は、予想に反して、合併から5年が過ぎても「BUNGOONO」に、完全移行していない。

[ONO-Cho]

 岩手県の旧大野村は「OHNO」だったし、あの“大野市”は「ONO」で徹底しているけれど、岐阜県大野町が、WWWサイトのアドレスは「town-ono.jp」なのに、また、地方公共団体用のドメイン名も「town.gifu-ono.lg.jp」で、取得しているにもかかわらず、ホームページでは「Town of Ohno」と、名乗っていたりなんかする。

[〒501-0592 岐阜県(揖斐郡)大野町大字大野80番地 大野町役場]

 そして、さかのぼってみると、少し前までの何年間かは、同じ場所に「Town of Oono」という風に、つづられていたから驚くし、その名残りなのだろうか、大野中学校が「~oono/」だったり、大野小学校は「oonosho」だったりなんかもする。(哭)

 他にも、大合併で、北海道の大野町town.ono.hokkaido.jp」と、広島県大野町ono-town.jp」が消滅したため、最も不安定と思われる“オーノチョー”だけが、残ってしまった。(嗤)

 ちなみに、大野町商工会は、英語が「oono commerce and industry」で、ローマ字名は「Oonocho syoukoukai」のようだ。


[PR]
by sampu4 | 2010-05-14 07:16 | 地名のローマ字表記
2010年 05月 04日
愛知県

 あの“愛知県”が最近、WWWサイトを一新したらしい。

 まず、英語の各ページ最下部にある、県庁の住所を確かめてみると、丁目と番地の順序が「3-1-2」に、訂正されてはいるが、町域名には、そのまま「San-no-maru」という風に、ハイフンが用いられている。(嗤)

 そして、信じられない「Chuku no Maru」だった、スペイン語の中での所在地も、改められて「3-1-2 Naka-ku Sannomaru」なのだけれども、あの“美里町”などに持った違和感が、その“三丁目1番2号→中区→丸の内”という並びに、生じることを抑えようにも抑えられない。(哭)

 ポルトガル語については、変わりないのかと思ったら、庁舎周辺の案内図に「Sannomaru sanchoume 1ban 2gou」と、添えられていたりなんかして、なかなか面白くなくもない。

 欧文なら、統一し「Sannomaru 3-chome 1-2, Naka-ku, Nagoya, 460-8501 (Japan|Japón|Japão)」といった具合に、国名の部分だけを言語に合わせるだけ、と単純に考えられないのは、ひょっとしたら、あの“旭川市”などみたいな、表記のマニュアルが、なかったりするからなのかも。


[PR]
by sampu4 | 2010-05-04 06:49 | 地名のローマ字表記