<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2009年 09月 24日
安中市

 過去に登場した“中之条町”と“東吾妻町”とは、役場間が2km半ほどしか離れておらず、後者はJR群馬原町駅の前に建っていて、その駅は英語名が「Gumma-Haramachi Station」だったりする。

 そして、鉄道を西に進むと、隣町との境界を越えたところに、いま話題の場ダムがあり、小書きされずに“”だったりもするところが、気にならなくはなかったりもする。(嗤)

 ローマ字つづりも、工事事務所は「YANBA」と名乗っているのに、そこが発行している広報誌には「YAMBA」と記載されていて、案の定、報道機関によっても異なっていたりする。

[〒379-0192 群馬県安中市安中1丁目23番13号 安中市役所 (Ayuntamiento de Annaka)]

 さて、ダム建設現場のある長野原町とは、わずかに隣接していない、群馬県安中市を探ったら、ホームページの一番下に“外国人生活ガイド”が見つかったので、いつものように、市庁舎の住所表記を確かめてみると、英字での“安中市安中1丁目”が、妥当と思える「Annaka 1-chome,」ではなくて、無理やり「23-13, 1-chome, Annaka, Annaka-shi, Gunma-ken 379-0192」といった具合に、逆転してあったりなんかする。(哭)

 また、スペイン語の読者に対しては、わざわざ違えて、漢字での書式と同じ「379-0192 Gunma-ken, Annaka-shi, Annaka 1-23-13」という順序で、並べられているから不思議だったりもする。

 あの“千歳市”や“愛知県”などに、似た事例が認められるけど、どういうわけか欧文でも、その言語によって書き分けたくなる気持ちが、生じてしまうことがなくはないらしい。


[安中市役所の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2009-09-24 07:23 | 地名のローマ字表記
2009年 09月 14日
小美玉市

 3年半前に、小川町と美野里町および玉里村が合併し誕生した、茨城県小美玉市の市役所は、住所が“小美玉市堅倉835番地”だったりして、英語のWWWページには、それが「835 Banchi, Katakura, Omitama City, Ibaraki Prefecture 319-0192」という風に、地名を除くと“番地”だけが英訳されずに、記載されていたりなんかする。

[〒311-3495 茨城県小美玉市上玉里1122番地 玉里総合支所]

 仮に、改行せずカンマでのみ区切るのであれば、私なら「Ogawa 4-11, Omitama-shi, Ibaraki, 311-3492 (Japan)」と書き記すであろう、小川総合支所が「4 banchi 11, Ogawa, Omitama City,だったりもするから担当者の、かたくななこだわりが、感じられなくもない。(嗤)

[小美玉市役所への英語での連絡先(案)]

 ついでに、こういった専用番号を持つ自治体の場合、英語風だったら所在地を「Location: 835, Katakura, Omitama City, Ibaraki (Prefecture)」とし、連絡先は「Postal address: City Hall, 319-0192 (Japan)」、そして「TEL:0299-48-1111」と「FAX:0299-48-1199」、あとはeメールかな、といった具合に示してあったりすると、無駄がなく、わかりやすいのではないか、と思えなくもない。(悦)

[小美玉市サインシステム基本計画(案)第5章]

 ちなみに、この市では“サインシステム基本計画”と称するものの策定が進められていて、その“表記の基準”によると“一般的なヘボン式”にならい、はねる音長音については、パスポートなどと同じ、つづり方の案だったりする。

 おまけに、五十音にはない“つぁ”が「tsa」、また“ふゅ”は「fyu」などであり、これらは順当なのだが、まさかの“とぅ”が「twu」だから“どぅ”が「dwu」、他にも“しぇ”が「sye」だったりなんかしていて、異論がある。(哭)

 さらに、せっかく“でぃ”は「di」なのに、なぜか“てぃ”が「thi」なので、あの“ティーダ”だと「Tida」ではないみたい


[小美玉市役所の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2009-09-14 07:04 | 地名のローマ字表記
2009年 09月 04日
南大隅町

 あの“南さつま市”が誕生する少し前、九州の最南端に、鹿児島県南大隅町が発足していたりなんかした。(嗤)

 同じころ合併し曽於市になった、あの“大隅町”がドメイン名の中で、OH長音表記された「ohsumi」だったのに対し、ヘボン式で、地方公共団体用の「town.minamiosumi.lg.jp」を登録していたりなんかもする。

[MINAMIOSUMI-Cho]

 しかし、よく見てみると、各WWWページの最下部では、北方に遠く離れた、あの“当別町”みたいに「Minamiosumichou」と、名乗っているから、ハイフンの有無は異なるけど、同じ気持ちが感じられたりもする。(哭)

 旧根占町が「/~nejimecho/」で、もう一方が「/satachou/」というアドレスだったらしいから、旧佐多町が、あやしいそう

 ちなみに、逆に「Kamou-cho」だったりする、あの“蒲生町”は、今年度の末に、消滅する予定だったりもする。


[南大隅町役場の周辺地図] [旧・大隅町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2009-09-04 07:17 | 地名のローマ字表記