<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2008年 08月 24日
旧・三本木町と印旛村

 大崎地方合併協議会WWWアドレスに、使用されていたドメイン名は「oosaki-gp.jp」だし、eメールも「oosaki-gp@」だったりしたけど、誕生した大崎市は、英語で「OSAKI City」と名乗っていて、あの“大岡村”などのような、つづり方を免れている。

[SAMBONGI-Cho]

 その合併に加わった、宮城県三本木町は「SANBONGI」だったりしたので、新市に名残っていたりするけれど、仙台市宮城県WWWページには、ヘボン式に「Sambongi」の表記が、見つかったりもする。

 そんな感じだから、MSN天気では「Sambongi [Sanbongi]」という、書き表し方がしてあったりする。

 国際試合に関わるからだろうか、Jリーグを探ってみると、マッチコミッショナーの名前“三本松”が「SAMBOMMATSU」だし、旅券の取得が義務なのだろう、東京ヴェルディの“新村”選手は「JUMPEI SHIMMURA」だったりするが、このくらい徹底されていないと、安定は望めそうにない。

 いや、前回の国勢調査を調べてみると、あの“音別町”や“仙北市”とは異なり、その統計表には「Sambongi-cho」ではなくて「Sanbongi-cho」と、記載されてしまっているから、まだ、無理かもしれない。(哭)

 もう1つ、すなわち、現存する地方公共団体では唯一、千葉県印旛村が「Inba-mura」であり、ついでに「Inba-gun」だったりする。

 少し下にある、あの“山武町”は「Sambu-gun」の「Sambu-machi」なのに、もしかすると“印”は“in”という、字から来る印象が強く、こうなってしまったのかな。(嗤)

[IMBA-Mura]

 それでも、村内にある印旛日本医大駅が「Imba」だったり、同じ郡内の栄町が「Imba Lake」と記していたり、印旛沼環境基金が「Imbanuma」であったり、千葉県の住所録に「Imba-gun」や「Imba-mura」と、書かれていたりなんかしてはいる。

 ちなみに、JR西日本の“伊部駅”は「Imbe」で“因原駅”は「Imbara」だけど、名鉄の“印場駅”は「INBA」だったりしているようだ。


[旧・三本木町役場の周辺地図] [印旛村役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2008-08-24 07:19 | 地名のローマ字表記
2008年 08月 14日
山武市

 あの“関釜フェリー”は「Kampu」だし、先週テレビで“関門トンネル”の破壊計画を取り上げていて、画面に映った、太平洋戦争当時の米軍の文書だと思うが、それには「Kammon」と、記されているようだ。

 今年3月に、国道の開通50周年を報じた、ジャパンタイムズの記事には、あの“仙場夫妻”同様、別に「Kanmon」も、みられたりする。

 先月から新しくなった、山口新聞のホームページには、題字に英語での新聞名が添えられるようになっていて、当初は「SHINBUN」だったのが、月が変わった頃にだったか「SHIMBUN」に、改められている。

 名付けた国の首都付近で、消滅し温帯低気圧になった、今年の台風7号Kalmaegi」は、気象庁によると、疑わしい“カルマエギ”だけど、第9号の“カムリ”は、前に確認したとおり「Kammuri」だったりした。

 大阪府教育センターは、あの“箕面高校”に「minoo」、あの“泉北高校”には「semboku」を割り当て、自らをも当然「Osaka」と、つづっているのに、大冠高校が「ohkanmuri」なものだから、驚いてしまう。

 校章に「ŌKAMMURI」ではなく「OHKANMURI」という、ローマ字での校名が、含まれているみたいだから、もし「okammuri」だったなら“お冠”、とでもいったところなのかな。(嗤)

 あの“新町JAL前社長は「Shinmachi」だったけど、出光興産の“天坊”社長は「Tembo」だったり、イー・モバイルの“千本”会長は「Semmoto」だったりと、旅券用のヘボン式だったりしている。

 財務省の伊吹大臣は、労働相としてBBCに、文科相だったときジャパンタイムズに、自民党幹事長のとき共同電に、そして衆議院の議員名簿に、名前が「Bummei」と表記されているのに対し、党内や首相官邸の閣僚名簿、それに本人のWWWサイトでは「Bunmei」だったりする。

 でも、最近の共同ニュースを読むと、ずっと“普天間”は「Futemma」で徹底しているけど、この代議士に関しては、後者しか見当たらない。(哭)

 先日、電報115番の開放が決まったが、でんぽっぽDenpoppo」だったり、デンポッポDempoppo」だったりしている。(鼠)

 あの“信毎”に似て、中日新聞は「Shimbun」だけれども、日刊県民福井WWWアドレスは「/kenmin-fukui/」だったりもする。

 さて、その名称が決まって以来、注目していた、千葉県山武市は、めでたく、ヘボン式の「SAMMU」を採用している。

[SAMMU-Shi]

 旧山武町が「SAMBU」ではあったけれども、山武郡市広域行政組合のアドレスや長生・山武地方拠点都市地域整備推進協議会、それに、山武地域合併協議会と、枠組み縮小後の山武中央合併協議会など、ことごとく他が「SANBU」なので、形勢不利かと思われたのだが、あの“群馬県”のようにならずに済んでいる。

 担当者の労があったとしたら、それを労いたいところだ。

 おかげでなのか、旧町商工会は「~sanbu/」だったけど、新市商工会は「Sammu」を名乗っているし、千葉県も、市町村の住所録に「Sammu-shi」と、記載していたりなんかする。(悦)

 あの“真岡市”とは異なり、教育委員会経由で、市立小中学校にまで、行き渡って「sammu.ed.jp」いたりもする。

 しかし、残念ながら、国の統計表“全事業所数及び男女別従業者数―都道府県,市区町村”の上では「Sanmu-shi」だし、MSN天気によれば、紛らわしいからだろう、間違われてSanbu」だったりする。


[山武市役所の周辺地図] [旧・山武町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2008-08-14 07:27 | 地名のローマ字表記
2008年 08月 04日
川根本町と豊後大野市

 あの“川根本町”が、6月の中旬に新しく、地方公共団体用のドメイン名を「town.kawanehon.lg.jp」で、登録してしまった。

 申請者としての役場名は「KAWANEHONCHO」を名乗っているのに、文字列中の“town”との重複を嫌ってのことだろうか、またしても、不可分であるはずの“町”が、省かれている。(哭)

 あの“風連町”が、ヘボン式fuuren」→「furen」に、逆に、あの“大木町”が、非ヘボン式oki」→「ooki」に、なったりしているのに比べると、たしかに激変かもしれないのだが、思い切ってみてほしかったりする。

 少し遅れて、先々月の下旬には、あの“豊後大野市”が、新たに、順当な「city.bungoono.lg.jp」を取得し、早速、利用してもいる。

 しかし、WWWサイトのアドレスは、OH長音表記のまま、その後お変わりなく「bungo-ohno.jp」であり、2年ちょっと前に抱いた、私の淡い期待を裏切ってくれていたりする。

 きっかけが、つかめないとは思えないけど、そのままズルズル、先送りされ続けているのかな

 そのせいか、MSN天気では“豊後高田”が「Bungotakada」なのに、ハイフン付きの「Bungo-ōno」だったりする。(嗤)


[川根本町役場の周辺地図] [豊後大野市役所の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2008-08-04 06:48 | 地名のローマ字表記