<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2008年 04月 24日
江北町

 あの“鴻巣市”自体は、その後お変わりなさそうだけど、社会福祉協議会施設管理公社は、一応konosu」に決まったりしている。

 ホームページのアドレスが変わっても、商工会は「kohnosu」なのだけれども、eメールは「kounosu@」のままだったりしていて、その青年部はというと、その旗に「KOUNOSU」と記してなどいる。

 そこで、頭文字と母音すべてを一にする、佐賀県江北町を調べてみると、果たして「Kouhoku」だったりするのである。

 隣にある、あの“大町町”が「ŌMACHI」と表記されている、杵藤地区広域市町村圏組合においても、やはり「KŌHOKU」なんかではないし、役場の名前が、旧アドレスの時から「kouhoku」だったからなのか、商工会も、それに倣ったりしている。

 WWWアドレスの中でこそ「kohoku」ではある、社会福祉協議会も、ページ内では案の定、則っていたりする。

[KOHOKU-Machi]

 そこで、頭文字だけを異にする、山口県にあった豊北町を探ってみると、これまた「houhoku」というドメイン名を登録し、使用してもいたけど、消滅するまでには「HOHOKU」へと、あの“東北町”のように、改称していたことが判明し、商工会に、名残っていたりする。

 他にも、鹿児島県の“坊津”が「bounotsu」や「BOUNOTU」であったりもするから、心理的に作用し、そうつづらせてしまいがちな、音素の組み合わせ、と言えるのかもしれない。

 鳥取県の旧・東伯町は「tohaku」だったらしいが、そう言えば、似ている、あの“宝達志水町”も「Houdatsu」で、その後ありつづけている。(哭)

 ちなみに、拗音が含まれることによって、気持ちが抑えられたのだろうか、商工会は「KYOUGOKU」だけど、北海道京極町は「KYOGOKU」だし、概ね、茨城県常北町は「JOHOKU」、長野県更埴市は「KOSHOKU」、岡山県勝北町は「SHOBOKU」、と名乗っていたようだ。


[江北町役場の周辺地図] [旧・豊北町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2008-04-24 06:58 | 地名のローマ字表記
2008年 04月 14日
氷川町

 6年前の梅雨どき、ホームページに見つけた「Mikatsuki-cyo」は、佐賀県三日月町が消滅した頃までには、なくなっていて、単に「MIKATSUKI」や、英語で「Mikatsuki Town」としか、書かれなくなっていたようだ。

 しかし、生まれ変わりなのだろうか、肥前から肥後に場所を移して、2年半前に、よもやの「HIKAWACYOU」が発足した。

 熊本県氷川町の、アドレスが「hikawacyou.hinokuni-net.jp」だったりするのである。(哭)

[HIKAWA-Cho]

 ワープロ機の普及期に、創刊されたりした「dancyu」の表記に当時、驚きを覚えたものだが、なかなか根強く、漢字かな変換のためにだけではなく、ローマ字名の記し方としても、確実に受け継がれているらしい。

 とは言っても、もし同じ担当者だとしたら、ヘボン式CH”と訓令式TY”の間で“CY”という素直な、つづり方ではなさそうだ。

 熊本中央広域市町村圏協議会が「kumachuu.hinokuni-net.jp」という、ドメイン名だったりしている。(嗤)

 こういう人には、たとえ“TYACHUCYO”などと並んでいても最悪、違和感が生じないものなのかもしれない。

 消滅後、山梨県市川三郷町の大字として新設され、その名が残された、旧“市川大門”町を「Ichikawadaimon-cyo」と翻字している、合併協議会の公式WWWサイトが、見つかったりもする。


[氷川町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2008-04-14 06:47 | 地名のローマ字表記
2008年 04月 04日
旧・美東町

 一度「秋吉台市」問題で、中断していた協議が再開され、今度は順調に、新しい「美祢市」の合併が成立したため、あの“秋芳町”とともに先月下旬、先々月のエントリに出てきた、山口県美東町が消滅した。

 同町「town.mitou.yamaguchi.jp」は、WWWサイトを開設した、今世紀から「MITOU TOWN」と、名乗りつづけてきたようだ。

 もう一つのドメイン名「town.mitou.lg.jp」も、その役場名で取得したりしていて、つづり方を徹底していたっぽい。

 納豆や黄門さまで有名な、茨城県水戸市を変に意識してしまい、ヘボン式で「MITŌ」だから「MITO」と処理すれば、引き音が加えられず“ミト”と、読まれる事態を避けたかったのだろうか。

[MITO-Cho]

 愛知県にあった御津町については、何とも言えないが、あるいは、隣県の益田市に編入された、美都町の存在が、この表記を決定づけたのかもしれない。

 観光協会グラウンド・ゴルフ協会が「/~mitou-XX」という形式のアドレスであり、他にも見つかるし、商工会も「mitou」や「mitouchou」だし、美東病院も「mitou-hp」だったりするから、気味が悪い。

 あの“南島町”などのような、OH長音表記の「MITOH」は、桜まつりの“竹灯籠”にしか、発見できなかった。(嗤)


[旧・美東町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2008-04-04 07:31 | 地名のローマ字表記