<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2006年 06月 24日
宗谷支庁

 先日、'73年の巨人阪神戦が、テレビ放送されていたので、選手たちの背中に目をやると、ジャイアンツは背番号だけ、タイガースのほうには、すでに、ローマ字名が、入っていて、1番「OKURA」、3番「GOTO」、9番「ANDO」、15番「GONDO」と、それに、24番「TOI」と、つづられていたから、驚いた。

 その数日後に、それから数年後の試合を視たら、巨人軍にも、選手名が、記されるようになっていて、王選手が「OH」、そして、それに伴ったのか、河埜選手が「KOHNO」であったけれど、対戦相手の遠井選手は「TOHI」などではなく、変わっていなかった。

 “野球カフェ”で見つけた、阪神ファンによれば、さらに、十年が過ぎても、伊藤投手「ITO」や、工藤選手「KUDO」が、いたようだし、阪急の加藤選手は、やはりKATŌ」だったようだ。

 当時は、まだ、子供だったので、それほど、興味もなく、今ほど、情報を得る術が、なかったこともあり、全然、知らなかった。

 現役の安藤投手は「ANDOH」、遠山コーチは「TOHYAMA」だけど、同球団における、変わり目は、いつ頃だったのだろうか。

 '60年までは、胸に、その後、ネームを入れるようになってからも、'75年までは、袖にOSAKA」と、表記していたこととの、釣り合いが、巨人に影響もされ、保てなくなっていったのだろう。

[宗谷 SÔYA]

 他の球団については、わからないが、ジャイアンツから、ちょうど四半世紀がたったころに、旅券法の規則まで、変えてしまった、OH長音表記には、改めて、恐れ入るしかなく、このところ、一軍の試合に出ている、スワローズの大原選手は、今年から、ジャージが変わっても、変わりなく、違和感のある「OHHARA」のままである。

 そうかというと、バファローズの大島コーチは、選手時代の途中から「OHSHIMA」だったのを「OSHIMA」に、改名している。

 彼は、'676月の、惜しくも17日生まれで、167cm67kgなのに、背番号が76なのは、67番の選手に、遠慮したのか、と気にしつつ、たぶん、名前を「KOHICHI」と、書くことに、無理を感じ、それなら、ということだったのかな、と推し測れてしまう。

 おやおや、2cm伸長した、後ろめたさでも、あるのかな。(嗤)

 ところで、オシマと言えば、北海道渡島支庁が、思い浮かび、サイト訪問してみると、道庁ごと移転し、内容も一新されていたので、おずおず、各支庁へのリンク地図の“宗谷”の部分に、ポインタを合わせたら、アドレスが「gyosei/shicho/#souya」だ。

 ドメイン名が「souya.pref.hokkaio.jp」でありながら、ホームページに、画像で「SOYA」と、表示させていた、時期もあったようだし、eメールアドレスも「soya.chisei1@」だったから、ヘボン式つづりへの変更を一瞬、期待したのだが、そのままだった。

 東京metro.tokyo.jp」や神戸city.kobe.jp」など、都道府県や政令指定都市では、あり得ない表記が、北海道は「HOKKAIDO」なのに、自治体ではないせいか、こういうことが、起こり得る。

 前回の「happou」の広報の表紙には「HAPPO」と書いてあるし、かつて調べた防府日報”は、ドメイン名も「Hofu Nippou」という会社名で、登録してるのに似て、各WWWページに、新たに、記載されるようになった、宗谷支庁の英語名は「HOKKAIDO GOVERNMENT SOUYA SUBPREFECTURAL OFFICE」である。

 稚内市立宗谷中学校は、アドレスが「/souyajhs/」だった時から、校名を「Wakkanai-Soya」としていたが、現在の「.soyachu.」に、移転してからも、eメールは、以前からの「souyachu@」だ。

 「dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-souky/sohya」が、北海道教育庁宗谷教育局前サイト・アドレスに、含まれていて、同局の英語名は「Souya District Office Of Education」でありながら、メールは今も「soyakyo.shukan1@」だから、支庁と、通じるものがある。

 また、宗谷管内商工会青年部連合会は「Soya」で、北海道商工会連合会宗谷支所のeメールは「souyas9@」となっている。

 ちなみに、初代南極観測船“宗谷”は、船体に「SÔYA」と、塗装していたから、SOSSave Our Soya!」ということになる。


[宗谷支庁の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2006-06-24 12:46 | 地名のローマ字表記
2006年 06月 14日
八峰町

 “Windows Live Local (以下,WLL)”で、地図検索すると、以前のエントリに出てきた、北海道“広尾町”の場所には「Hiroo」という、ローマ字での自治体名が、記載されている。

 総務省統計局の中を“kokusei”および“hiroo”という、キーワードを追加して、Google検索すると、国勢調査(以下,国調)の統計表が、100数十件ほど、見つかるけど、町名を“hiro”や“hiroh”に変えると、該当件数は“0”になるから、ここでのローマ字名は、ほぼ「Hiroo-cho」で、統一されているもの、と考えられる。

 続いて、昨年度いっぱいで、消滅した、長野県“高遠町”を調べると、WLLでは「Takatō」、国調は「Takato-machi」である。

 旧町名は“タカトオ”だから、愛知県と、それに似た、三重県の各旅券センターによる説明だと、ヘボン式では「Takatoo」で、あるはずなのに、いずれにも、そのようには、記されていない。

[TAKATO NAHOKO]

 ちなみに、あの“高遠菜穂子”ボランティアは、イタリア紙のWWWページに、彼女の旅券TAKATO NAHOKO」が、掲載されていて、おやっ、自筆の署名は「Naoko」と、読めるのだけれど、名字のほうは、本当に“タカトウ”で、間違いないのだろうか。

 次に、大阪府“箕面市”はというと、地図上では「Minoo」、しかし、国調の統計表だと、圧倒的に「Minoh-shi」が、多数だ。

 他の統計表には「Minoo-shi」しか、見られなかったのに

 気を取り直して、鹿児島県“曽於市”を確かめると、国調のほうでは、曽於郡ともども「SŌ」だから「SO」ということなのだろう、長音扱いされ「So-shi」であるのに対して、WLLでの地名は「Soo」というふうに、つづられていたりする。

[Happo town | HAPPŌ-Chō | HAPPÔ-Tyô]

 さて、国調が済んでから、昨年度の終わり間際に、八森町峰浜村が合併し誕生した、秋田県八峰町は、WLL地図には「Happō」と表示されているけれども、ドメイン名を「town.happou.akita.jp」で登録し、それをWWWアドレスに、利用している。

 地方公共団体の名前は、発行物による、使用実績がなければ、ヘボン式の文字列にしなければならない、すなわち、新しい名称の新町である、同町の場合は「town.happo」でなければならない、と読み解ける、規則に反しているのは、どうしてなのだろう。

 ドメイン情報に注目すると、合併する4ヶ月前の昨年11月下旬に、旧・八森町の手によって、取得されていることが、わかる。

 翌12月の5日に、決定した、町章デザインには「HAPPO」の併記が、あるから、前後していれば、違っていたのかもしれない。

 その後、3月に完成した、新町のガイドブックでも、ヘボン式つづりだけど、発足後に、もう一つの「town.happo.lg.jp」を「HAPPOU TOWN」という、役場名で、登録しているから、わからないか

[HAPPO-Cho]

 前回も、引き合いに出した“紀宝町”については、非ヘボン式の「KIHOU」と表記していた、実績の有無が、確かめられなかったけど、この度のことで、地域型ドメイン名を登録する際の規則が、定義しているヘボン式は、引き音の処置が、あいまいであることが、立証されてしまった、と言えるだろう。

 おかげで“風連町”が「FUUREN」だったことも、うなずける。

 総務省“合併相談コーナー”は「www.soumu.go.jp/gapei」というアドレスであり、今はなき“21世紀の市町村合併を考える国民協議会”のドメイン名が「gapei.com」であったように、もし、よもやの「town.hapou」で、登録申請していたら、きっと「happo」への訂正を求められていた、と想像できなくもないけれど。(嗤)

 驚いてしまったのだが、MSN毎日インタラクティブは、都道府県ニュースのアドレスで、過去に「gattpei」と、していたようだ。

 他にも、桜川市鴻巣市などには、どうしてなのだろう、無理に、キー入力する要領で「gaxtupei」としてしまう人が、関わっているようだし、なんと「galtupei」が、繰り返されている、事例が見つかったと思ったら、そこでは「haltupoutyou」であったりする!

 あれあれ、不器用に、生きてきたのではないかと、ブログ開始から、1周年が過ぎたところで、我が身を省みてしまった。(哭)


[八峰町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2006-06-14 07:36 | 地名のローマ字表記
2006年 06月 04日
鴻巣市

 気象庁の倶知安測候所は、以前「/kuttyan/」だった、WWWサイトのアドレスを「/kucchan/」に、変更していて、そのトップページには、英語名を「Kutchan」というふうに、表記している。

 倶知安高校が「kutchan」で、同農高は「KUCCHANNOUGYOU」であったりする中、北海道倶知安町は、ヘボン式の「KUTCHAN」という、つづり方で、安定していることが、確認できる。

 岡山県・備中県民局のアドレスが、つまらない「/bichu/」であり、その英称の中では「Bicchu」なのだが、消滅した備中町は、ドメイン名を「town.bitchu.okayama.jp」で、登録している。

 新党日本英語ページは、ただいま「Semi-Bicchu」らしい

[JR高崎線の駅名標「北鴻巣 Kitakōnosu」]

 そこに私が、住んでいた頃、初当選した、長崎市の伊藤一長市長が、当時、そのローマ字名を「Iccho Itoh」と、記しているのを見て、奇異に感じたものだが、今でも、そのまま、変わっていない。

 県議や市議だったこともあったらしく、すでに、パスポートを所持していたはずだから、何らかの力が、働きでもして、原則「ITO ITCHO」でなければならない、ところを非ヘボン式で、しかも、姓のほうだけ、OH長音表記の名前が、認められたということ、なのだろうか。

 そうでなければ、海外で、不都合はないのだろうか

 その旅券を発行している、外務省の大臣だった、高村正彦衆議院議員は、名刺に「Komura」と、印刷していたローマ字名を“小村”と、読まれないように、なぜかKōmura」や「Kômura」ではなくて、文字を追加し「Koumura」に、改めてしまった、という

 そういうわけだからか、代議士の公式サイトは「koumura.net」なのだけれども、著作権者“高村正彦事務所”は「Komura」だ。

 これに、よく似た“市”が、全国に、1つだけ、見つかった。

[KONOSU-Shi]

 約4年前に調べた時以来、WWWアドレス内での市名“コノス”が、JR駅名は、昔から「KŌNOSU」と、表示されていても、案内標識のように「konosu」というふうには、処理されず、鴻“ノトリ”伝説に、影響され「kounosu」と、決められたのだろうか、その文字列で、ありつづけている。

 ドメイン名「city.kounosu.saitama.jpcity.kounosu.lg.jp」の情報には、埼玉県鴻巣市の、英語での自治体名が「KOUNOSU CITY」と書かれているのだが、後者を登録した直後に、掲載されたとみられる“市勢要覧2004”には、つづり直され「Konosu」と、ある。

 おそらく、これを契機に、サイトが一新され、著作権者としての、地方公共団体名「Konosu City」が、明示されるようになり、他にも“こうのすガイド”が「KONOSU TOWN GUIDE」である。

 合併協議会新市のガイドブックにおいても、新しい表記だ。

 「MINOH」を徹底している“箕面市”、また「OHTAWARA」で一貫している“大田原市”とは、対照的であり、合併に際して、非ヘボン式の「kihou」から、ヘボン式の「kiho」に、ドメイン名を変更した“紀宝町”にならった、手続きをしてはいない。

[鴻巣市 Konosu City]

 それでも、昨年、市役所内にある、同市の観光協会が「Konosu City Tourist Association」という、名前で「konosu-kanko.jp」を取得していて、改名される兆しと、言えるのかもしれない。

 鴻巣市商工会のアドレスは「kohnosu」で、こうのとりドッとこむは「ko-notori.com」で、あったりしてはいるけれど。(嗤)

 あの管理者に、ドメイン名「koujo-h」をあてがわれたのか、鴻巣女子高校は、当初「KOUNOSU GIRLS' HIGH SCHOOL」だった、英語での校名を現在では「KONOSU GIRLS'」と、している。


[鴻巣市役所の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2006-06-04 04:00 | 地名のローマ字表記