<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2005年 08月 24日
案内標識のヘボン式

 道路の案内標識には、目標地の名前が、旅券とは別のヘボン式ローマ字で、表記されているようだ。

 道路標識の施工をしている、(株)キクテックのWWWサイトには、その“案内標識用ヘボン式”について、つづり方の説明がある。

 パスポート発給業務を委託されている、東京都・生活文化局による、旅券用ヘボン式と比べてみると、長音と促音に関しては同じだが、はねる音“ん”の一部の扱いに、違いのあることが分かる。

[パスポート所持人の本籍「GUMMA」]

 例えば「群馬」の場合、標識には「GUNMA」と書かれているのに対して、旅券には、所持人の本籍が置かれている、都道府県名として「GUMMA」と記載されている、ということになる。

[案内標識は「Gunma」]

 もう一つ、両者で異なるところは「SHIN-ASAHI(新旭)」などのように、音を切り離すため“N”と“母音字やY”との間に、なるべくハイフンを入れるかどうか、ということらしい。

 都・生活文化局の注意書きは、この点について触れていないが、私としては、前回のエントリーで述べたような、理解をしている。

 もう少し、キクテックによる、案内標識の表記を調べていくと、面白いことに「O-OKA(大岡)」や「TOYO-OKA(豊丘)」のように、また「O-HARU(大治)」や「O-HITO(大仁)」のようにも、ハイフンが使われているのが、見受けられた。

[案内標識の旧「Ooka Vil.」]

 これらには、以前のエントリーに出てきた「SUO-OSHIMA」や「HIRO-O」にするのと、似たような心理が、感じられる。

 しかしながら、WWWを検索してみると、ハイフンの加えられていない「Toyooka Vil.」や「Ohito Town」などと記されている、実物の写真が、見つかってしまったりする。

 他にも、驚いたことに、つづり方や表記例と異なるImajyo T.」や「Nanjyo T.」それに「Natasyo Village」の写真も、目にしたのだが、別の施工業者によるものなのだろうか。


[PR]
by sampu4 | 2005-08-24 13:58 | 地名のローマ字表記
2005年 08月 14日
ヘボン式に必要な符号

 パスポートを取得するために記入する、一般旅券発給申請書の“ヘボン式ローマ字氏名欄”は、次の図を使うと解釈しやすい。

[一般旅券発給申請書のローマ字氏名欄]

 この図は、実物の記入欄に、符号を補うための点線枠を加えたもので、ここには、使用する全ての文字が含まれている、はずだ。

 このような補助枠があれば、ほとんどの日本人の氏名を、ほぼ正確に表音表記することができる、と考えていいだろう。

[符号を補った「三遊亭大円右」]

 極端な例になるけれど、姓「SANYUTEI」と名「OENU」では、読み方が定まらないが、音を切り離す符号“アポストロフィ”と、文字の上に“長音符(マクロン)”を補い「SAN'YŪTEI ŌEN'U」とすることで、「サンユーテイ(三遊亭)・オーエンウ(大円右)」という発音が、確定する。

 この符号の付いた表記が、中学時代に和英辞典を与えられて以来、私なりに理解している、日本語ローマ字のヘボン式でもある。

[長音符号を記入した「サトー」]

 もし実際に、ローマ字氏名の記入欄に、このような補助枠が付いていて“世界で通用する文字(AZ)だけに簡略化する目的で、点線枠内の符号は省略し、実線枠内の英字のみを旅券に記載する”という説明(書き)でもあれば、前回のエントリーに出てきた「サトー」に係るような不満は、少しは、少なくなっていたのかもしれない。

 パスポート所持人のローマ字名を決めている、規則と同様に、地方公共団体が地域型JPドメイン名や、LGドメイン名を登録する際の規則にも、ただ、名称部分を“原則ヘボン式に”するように書かれているだけで、長音などの扱いには、触れられていないようだ。

 そのせいで、WWWアドレス・ドメイン名の決定に際し、私が以前のエントリで提案したような、手順が踏まれにくくなり、非ヘボン式の自治体名を増やしてしまう、結果になったのだと思う。


[PR]
by sampu4 | 2005-08-14 07:38 | 地名のローマ字表記
2005年 08月 04日
旅券のヘボン式

 その時点までに、日本語のローマ字表記について調べた経験でもなければ、パスポートの申請書に、申請者のローマ字名を記入する際に、初めて“ヘボン式”という言葉に触れ、多くの人が、戸惑ったり、それをただ、無視したりしているのでは、なかろうか。

 それまで自分なりに、つづってきた自身のローマ字名が、そのヘボン式によって、国際的な正式名になる直前に、急な変更を余儀なくされる人も、結構な数、いるのだろう。

 この旅券用に定められているヘボン式は、表記を簡略するために?、前々回のエントリで提案した“地方公共団体の正式なローマ字名に伴う英語名”と同じで、長音を表す「Ō」などの上にある横棒など、符号を無視しているため、ここでも“該当者”によっては、どう書たらいいのか、戸惑うことになるのかもしれない。

[SATO - SATOH - SATOU?] WWW上には、その該当者たちなどによる、旅券用ヘボン式ローマ字での氏名表記に不満を訴えるサイトが、いくつか見つかる。

 それらの多くは、日本人に一番多いと言われる姓「佐藤(サトウ)」などの場合に、パスポート用のヘボン式に従った「SATO」では「サ(またはサトー)」になってしまうので、長音を表し「サトー」と読めるよう「SATOH」にしたい、もしくは、フリガナどおり「SATOU」と記してもらいたい、といったもののようだ。

 前者は、要望が無視できない数にまで増えたからなのだろうか、5年くらい前から、特別な理由がなくても認められるようになったし、後者については、どうしても「サトー」ではなく「サト・ウ」と発音するのだと粘れば、旅券事務所の担当者次第かもしれないが、渋々折れてくれるらしい、と推測させられる記述があった。

 この、旅券用ヘボン式における最大の特徴とも言える「SASATO」を、戸惑いつつ不満に思う心理は、市町村名のローマ字表記にも、同じように影響を及ぼしていそうだ。

 今から3年前の梅雨に(嗤)、各地方公共団体のローマ字名を調べてみた結果、ヘボン式で表記されていなかった自治体の大半が、名前に長音「オー(オウやオオ)」を含んでいたのだった。


[PR]
by sampu4 | 2005-08-04 12:26 | 地名のローマ字表記