<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2005年 06月 24日
地方自治体のドメイン名

 前回のエントリに出てきた、WWWアドレスのドメイン名に用いられている各地方自治体の名前は、いずれも、いわゆる“ヘボン式ローマ字”で、つづられている。

 山府市に関する「これまでの思い」にも書いたが、ドメイン名に使えるのは、AZの26文字と数字、それにハイフン「-」だけなので、例えば「SAN'YŌ」だと、音を分けるためのアポストロフィ「'」と字上の長音符号「¯」を省略し「SANYO」というふうに、表されることが多い。

[山口県内の合併地図]
旧下関市・旧豊浦郡4町宇部市・旧厚狭郡楠町旧萩市・旧阿武郡3町3村岩国市・玖珂郡6町1村旧小野田市・旧厚狭郡山陽町旧光市・旧熊毛郡大和町旧長門市・旧大津郡3町旧柳井市・旧玖珂郡大畠町美祢市・美祢郡2町旧大島郡4町周南県央部

 しかしながら、新・山口市にドメイン名の形式を手本としてもらいたい、山陽小野田市は「SAN'YŌONODA」だから「SANYOONODA」に、周防大島町は「SUŌŌSHIMA」なので「SUOOSHIMA」に、すんなりと、決められているわけではなく、これがローマ字表記の困ったところで、それぞれ「SANYO-ONODA」と「SUO-OSHIMA」のように、そろって、ただ一つ使用可能な符号“ハイフン”によって手が加えられている。

 たしかに、両自治体とも長いといえば長い名前であり、特に、その新市名が不評を買っている山陽小野田市の場合は、旧・山陽町と旧・小野田市が、そのまま合わさっただけなので、区切りたくなる気持ちも理解できなくはないが、一体であることを示すためにも(嗤)、下関市SHIMONOSEKI」などよりは文字数が少ないのだから、こういった意味でも、ハイフンは必要ないように思える。


[PR]
by sampu4 | 2005-06-24 07:14 | 地名のローマ字表記
2005年 06月 14日
yamaguchi.yamaguchi

 冗長と言えば、山口県山口市WWWサイト・ドメイン名「city.yamaguchi.yamaguchi.jp」を見逃すわけには、いかない。

 静岡市のように政令指定都市に昇格しなければ、県名を省いた簡潔な「city.yamaguchi.jp」では登録できない規則があるようだが、せめて、数年前に新設された地方公共団体ドメイン名を活用し、来る合併を機に、すでに山口市のために登録されている「city.yamaguchi.lg.jp」に変更することで、繰り返しを避け、すっきりするというわけには、いかないものだろうか。

 新・山口市とは異なり、最近の合併により県内に、新しい名前で誕生した、周防大島町town.suo-oshima.lg.jp」と、山陽小野田市city.sanyo-onoda.lg.jp」に、ぜひとも、ならってほしいものだ。

 ついでに、防府市宇部市など“まだ”の自治体も追随して、こちらも登録済みの「city.hofu.lg.jp」や「city.ube.lg.jp」などに変える、あるいは現在のアドレスとの併用をしてくれると、入力が簡単になるし、LGドメイン名を含むアドレスの標準的な形式を知っていれば、市町村名と県名が結びつかなくても、検索することなく、アクセスできる確率が高くなることも、考えられなくはない。

 このような私の思いを知ってか知らずか(嗤)、前述した新名称の1市1町に加えて山口県が、せっかくの短い「pref.yamaguchi.jp」から、わざわざ長くなる「pref.yamaguchi.lg.jp」に移行中と思われるところをみると、少なくとも県内では、新ドメイン名を採用する流れができていて、楽観していられることなのかもしれない。

 ちなみに、広島県の「pref.hiroshima.lg.jp」や福岡県の「pref.fukuoka.lg.jp」などはサービス中だが、北海道pref.hokkaido.lg.jp」や東京都metro.tokyo.lg.jp」それに、京都府pref.kyoto.lg.jp」と大阪府pref.osaka.lg.jp」などは、今のところ、利用されていないようだ。

 また、静岡市の「city.shizuoka.lg.jp」は、未登録になっている。


[PR]
by sampu4 | 2005-06-14 07:18 | 市町村合併
2005年 06月 04日
「新・山口市」誕生…

 先日、山口県央部合併を推進してきた小郡町長が、それに反対の立場を示した対立候補を破り、再選されたため、今年10月の「新・山口市」誕生が、駄目押しされてしまった。

 小郡町の西どなり「新・宇部市」は編入(吸収)合併、その西に位置する新「山陽小野田市」は新設(対等)合併、そして、対等合併であるにもかかわらず、新市名からは4町が吸収されてしまう感の否めない「新・山口市」と、三者三様の市と町による合併が、成立することになってしまった。

[3新市誕生のようす]
山口市防府市佐波郡徳地町吉敷郡秋穂町吉敷郡小郡町吉敷郡阿知須町旧宇部市域旧厚狭郡楠町旧小野田市旧厚狭郡山陽町

 県央合併が、防府市を含む2市4町の枠組みで協議されていた頃に、新県庁所在地「山府(さんぷ)市」の誕生を夢見ていた私にとっては、実に、感慨の不快なるところだ。

 これから先も、繰り返し「山口県山口市」の冗長さを、耳目に触れつづけなければならないことに、変わりがないからだ。


[山口市役所と山口県庁の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2005-06-04 06:24 | 市町村合併