カテゴリ:地名のローマ字表記( 150 )
2011年 07月 24日
【最終回】気象庁と私との違い(後編)

つづき。

 それなりに規則はあるらしく、はねる音促音は、ヘボン式で徹底されていて、一部“OH長音表記”が見つかり、ハイフンが“道路標識”や“駅名標”みたいに、使ってあったりなんかもする。

 ちなみに、日本郵便は、〒番号データにおいて、おそらく、読み仮名から変換する際に、のばす音ではない場合を考えなかったのだろう、広尾町を「HIRO」、豊丘村豊岡市を「TOYOKA」、西之表市NISHINOMOTE」、曽於市SO」、また、琴浦町を「KOTORA」、瀬戸内市を「SETOCHI」、それに、勝浦市松浦市を「KATSURA」・「MATSURA」などと、つづってしまっている。(哭)

 残念ながら、豊後大野は“ブンゴオーノ”ではなくて“ブンゴーオノ”としての「BUNGOONO-SHI」だと思われる。(嗤)

 そして、川根本町は「KAWANEHON-CHO」だったりする。


[PR]
by sampu4 | 2011-07-24 12:34 | 地名のローマ字表記
2011年 07月 24日
【最終回】気象庁と私との違い(前編)

 気象庁が、警報と注意報の対象となる、自治体や地方などの名前をローマ字でも発表しているので、私なりの表記と比べてみた。

つづく


[PR]
by sampu4 | 2011-07-24 12:33 | 地名のローマ字表記
2011年 07月 04日
桑折町

 大阪府寝屋川市に“香里”という地名があり、郵便番号の情報によると“こり”ではなく“こり”だったりなんかして、隣には“郡元町(こりもとまち)”が見つかり、その辺を通っている、私鉄の駅名は“香里園(こりえん)”だったりなんかする。(嗤)

[KORI-Machi]

 そして、福島県桑折町は、町内に“上郡”および“下郡”という字名で、残ってもいるように、その由来が「(こおり)」らしいのだが、県内の郡山市が「Koriyama」であるのに対し、どうやら“コーリ”という風には捉えていない、きらいがあり「Koori」と、名乗ってしまっている。

 町発行のガイドブックにも「KOORI」と、記載してある。

[〒969-1617 福島県(伊達郡)桑折町字陣屋12番地 旧伊達郡役所]

 いわれはともかく、千葉県市原市や愛知県江南市にある、町域名“小折”の場合は“コ・オリ”を否定できないけど、あの“真岡市”が“モーカ”なのに似て、のばすkōri」であるからして「KORI」だ、といった具合に、私としては、判定しておきたい。

 桑折町商工会WWWアドレスは「/kohri/」で、その中に所在する、桑折町観光協会は「Koori-Kanko」だし、道路上の市町村標識や国勢調査の統計表では「Kori Town」と「Kori-machi」、ビング地図は「Kōri」、グーグルの地図は、それと「Koori」の2通りであるなど、定まっていない。(困)

 また、構内に、その語源と「桑が多かったから」とする、改称理由を掲示している、鉄道の桑折駅は、数年前にだろうか「KŌRI」だった、駅名標の表示を「Koori」に、変更しているようだ。(哭)

 読み仮名にかかわらず、例えば“桑里”なら、これほどまでの事態には至らなかったはずだけれども、想定外だろうし、確かに樹木は折れるものだから、あて字した先人を責めるわけにはいくまい。


[PR]
by sampu4 | 2011-07-04 06:54 | 地名のローマ字表記
2011年 06月 04日
東通村

 今季、横浜球団に加わった、大原投手大原内野手は、選手名鑑には「OHARA」と載っているけど、共に仕事着では「OHHARA」と、名乗ってなんかいて、後者は昨年、独立リーグに所属していた時には「OOHARA」だったりなんかもしたようだ。(嗤)

[HIGASHIDORI-Mura]

 それに似て、青森県東通村が「Higashidoori-village」という風に、ホームページで、自称している。

 道路標識東通原発が「Higashidori」なのに対し、村役場が利用している「vill.higashidoori.lg.jp」と「atom-higashidoori.jp」や、村立学校ドメイン名が「higashidoori-gakuen.ed.jp」であるなど、まったくもって、ブレが認められない。

 だからか、村名が「Higashidoori-mura」として、厚生労働省にまで、伝染していたりなんかもする。(哭)


[PR]
by sampu4 | 2011-06-04 07:12 | 地名のローマ字表記
2011年 05月 04日
宮古島市上野上野

 先月、東京タワーに灯されたのは「GANBARO NIPPON」だったけど、さすがにサッカー界では「GAMBARO JAPAN!」だし、日産自動車のゴーン社長が、被災した工場を訪れた際「GAMBATTE」と手書きし、励ましている場面が、テレビに映っていたりもした。

 同じく放送で知った、ペットボトルの水“ほんまや”は、あの“大阪市”が製造販売している、にもかかわらず「Honmaya!」だったりなんかする。(哭)

 さて、宮古地方では、人を歓迎する時に“んみゃーち”という言葉を使うらしく、宮古島の観光案内には、英文独文の中で、それが「Nmyaachi」と、つづってある。

[〒906-0204(0295) 沖縄県宮古島市上野字上野395番地の1 んみゃーち上野庁舎]

 もし、おいしいとか上手などという意味の“うまい”や、あの“”が、それぞれ「mmai」と「mme」であるような、語頭の発音だとするならば誠に、せん越ながら「MMYĀCHI」を提案しておきたい。(嗤)

 そして、宮古島市(旧)観光商工課の連絡先が「906-0204 Okinawa, Miyakojima; Ueno, Aza-Ueno 395-1, JAPAN」(セミコロンは改行)という風な、旅先からの絵葉書を“〒906-0204 沖縄県宮古島市上野字上野395番地の1 (あて名) JAPAN”に、あてるみたいな順序だったりして、面白い。

 他の自治体による、ロシア語ポルトガル語WWWページには、よく見られるのだが、英語なのになかなか珍しく、日本人の仕業ではない、と思えないでもない。

 似ているせいで、岩手県宮古市と間違われてしまう、この市に、平成の大合併で加わった、旧上野村の役場跡地で働く、あるいは勤務していた、ドイツ人職員の関与でも、あったのだろうか


[PR]
by sampu4 | 2011-05-04 06:57 | 地名のローマ字表記
2011年 04月 04日
青梅市

 あの“青梅市”では、自治体としての名称だけでなく、市役所本庁舎の所在地までもが、その英語での書き方を規程されている。

6 青梅市名等の英語表記
(1) 青梅の表記
「Ome」とする。ただし、「OME」と表記することも許容の範囲とする。
(2) 青梅市の表記
ア 地方公共団体(組織)として使用する場合
「the city of Ome」または「Ome City」
イ 地名として使用する場合
「Ome」、「Ome-shi」または「Ome City」
(3) 青梅市役所(庁舎)の表記
「Ome City Hall」または「Ome City Office」
(4) 青梅市の事務所の位置(東京都青梅市東青梅1丁目11番地の1)の表記
11―1,Higashiome 1-chome,Ome-shi,Tokyo
(「Ome-shi」は「Ome City」または「Ome」でも可)
[〒198-8701 東京都青梅市東青梅1丁目11番地の1 青梅市役所]

 姉妹都市のある、ドイツなんかだと、たとえ英文の中であろうとも、番地は「Parkstraße 42, 56154 Boppard」といった具合に、引っ繰り返さないみたいだけど、それを参考にはしなかったらしく、あの“札幌市”などのようには、思い切れていない

 それに、ローマ字表記の「Ôme」について、触れられていないことも、残念だったりする。(哭)

 でも代わりに、青梅郵便局が「ŌME」だったりもする。(嗤)


[PR]
by sampu4 | 2011-04-04 07:55 | 地名のローマ字表記
2011年 03月 24日
文京区その後

 どうしたことだろう、あの“文京区WWWサイトの題字画像に、記されているはずの英語での区名が、極めて読みにくくなってしまっている。(哭)

[文京区ホームページの題字]

 ついでに気付いたのだけど、そのホームページの中に「TOKYO」という地名が、見当たらなかったりなんかもする。

 意外にも、東京23区は概ね、似たような感じであり、あの“中央区”は、英語のホームページにすら、それを記載していない。

 それらが「Tokyo City of Bunkyo」や「Chuo City, Tokyo」など、という風に名乗らないのは、それぞれ区内あるいは都内の外国人しか、相手にする必要がない、と考えているからっぽい。(嗤)


[PR]
by sampu4 | 2011-03-24 07:18 | 地名のローマ字表記
2011年 03月 04日
福岡市

 平成の大合併で消滅した、愛媛県一本松町は「Ipponmatsu」と名乗っていたけど、埼玉県を通る私鉄の一本松駅は「Ippommatsu」であり、JR九州の一本松駅も「IPPOMMATSU」だったりする。

 福島県二本松市は「Nihonmatsu」なのだけれども、JR東日本の二本松駅は「Nihommatsu」だったりして、奈良県には、旧村名が残っているっぽい、三本松SAMBOMMATSU」という名の、私鉄の駅が見つかり、香川県には、昭和の大合併で消えた町名と同じ、JR四国の「Sambommatsuが、あったりなんかもする。(悦)

 そして、鳥取県には「Sambommatsuguchiがあり、JR西日本の管内だと他には、あの“東広島市”に所在する、これまた旧町名と同じ、八本松駅が「Hachihommatsu」だったりしてもいる。

 ところが、福岡市営地下鉄六本松駅に限っては、この政令市が作成した“外国人への情報提供の手引き”に「Roppommatsu」と、明記されているにもかかわらず、開業して以来「Ropponmatsu」で、ありつづけてなんかいるみたいだから、不思議だ。(哭)

 福岡県で最初に指定都市となった、あの“北九州市”なら、表記マニュアルが違うから、さもありなんと思うのだが。(嗤)


[PR]
by sampu4 | 2011-03-04 07:57 | 地名のローマ字表記
2011年 02月 24日
四街道市

 ユニフォームが新しくなったのに、プロ野球ファイターズに所属する、あの“斎藤投手”は「SAITO」に、改める気配がない。(哭)

 一軍で使う敵地用の新ジャージだと、胸の「HOKKAIDO」に対して、背中には「SAITOH」と、記されることになってしまった。

 また、あの“お父さん犬”は、携帯電話のストラップになっても、変わりなく「OTOUSAN」のまま、だったりなんかもする。

[OTOUSAN 0103]

 そのホークスを所有する、ソフトバンクの孫社長が、先日テレビで、かつて“無番地”に住んでいた、という話をしていた。

[〒284-8555 千葉県四街道市鹿渡無番地 四街道市役所]

 土地の広い北海道では、あの“両エサシ町”に見つかる、小学校や中学校の所在地が“無番地”や“番外地”だったりするから、珍しいことではないのかもしれないけど、南関東にある、それも市役所が、そうだったとしたら、意外だと感じる人が多いはずだ。

 千葉県四街道市の本庁舎は“鹿渡無番地”に、建っている。

 そして、市のWWWページには、その英語での住所が、それには触れずに、1行で「Shikawatashi Yotsukaido-Shi(City) Chiba-Ken(Prefecture) 284-8555」と記載されているし、少し前までは、郵便番号を「284-8555 Shikawatashi Yotsukaido City Chiba Prefecture」といった具合に、先頭に持ってきていたようだ。(嗤)

 おそらく「Mubanchi Shikawatashi Yotsukaido-Shi」という並びには抵抗があり、無視することで、しのいだのだろう

 あの“札幌市”や“旭川市”みたいに、引っ繰り返したりなどせず、適当な位置で「Shikawatashi mubanchi, Yotsukaido-shi, Chiba, 284-8555 (Japan)」と区切れば、全く問題にならないことのように思える。

 なお、あの“千葉県”は、市町村の一覧で「Shikawatashi-mubanchi, Yotsukaido-shi」という風に、ハイフンを用いていて、生活ガイドブックには「Yotsukaido-shi Shikawatashi Mu-banchi」と、つづられてなんかいる。


[PR]
by sampu4 | 2011-02-24 07:44 | 地名のローマ字表記
2011年 02月 14日
愛知県その後

 トリプル投票が実施された名古屋にある、あの“愛知県庁”が今年になって、その所在地の“英語表記”を変更したようだ。

 去年までの「San-no-maru」が「Sannomaru」へ、と改められていて、ついでに「Nagoya City」の部分も、ただ「Nagoya」といった具合に、簡素化されていたりなんかする。

 さらに、電話番号には「(Front desk)」と添えられていたのだが、信じがたいことに「(Inquires in Japanese, please)」という風に、書き換えられていたりなんかもする。(哭)


[PR]
by sampu4 | 2011-02-14 07:48 | 地名のローマ字表記