2008年 10月 24日
久万高原町

 愛媛県久万高原町は、順当な「town.kumakogen.lg.jp」を登録していて、他に「town.kumakogen.ehime.jpkumakogen.jp」というドメイン名も取得し、利用しているけれど、ホームページなどでは、あの“八峰町”などとは逆に、概ね「KUMAKOUGEN」と、名乗っていたりなんかする。

 英語のページ内では、同様の「Town Kumakougen」に加えて、長音表記しないヘボン式の「KUMAKOGENCHO」と「Town of Kumakogen」も見られ、混在していたりなんかもする。

 そして、住所が「212 Kuma County Kamiukena Kumakogen, Ehime, Japan」と1行で書いてあり、驚かせてくれたりもする。

[KUMAKOGEN-Cho]

 役場は“上浮穴郡久万高原町久万”に位置するのだが、どうして、町域名と自治体名の間に、せめてコンマで区切りもせずに、郡名を入れてしまったのだろう、まったく、計り知れない

 合併する前は“久万町大字久万町”だったりして、嗤ったけど、それなら「Kumamachi 212; Kuma-cho, Ehime; 791-1201 Japan」だろうし、現在は「Kuma 212; Kumakogen-cho, Ehime」(セミコロンは改行)くらいが、適当ではなかろうか。(哭)

[Town of Kumakogen: Kuma 212; Kumakogen-cho, Ehime; 791-1201 Japan]

 連絡先としてであれば、郡の名前は省略してよかろうし、それよりは、郵便番号の表示が必須ではないのかな、と思う。

 それに、改行できる場合は“町域名と番地など市区町村名と都道府県名か政令指定都市名↓郵便番号と日本の国名”といった順序で記載した方が、送る人にも配る人にも、理解しやすいはずだ。

 同じ場所にある観光協会は、どうなのかと調べてみると、3行に分けられた「kuma 212; kumakougenncho kamiukeanagun; ehimeke Japan」であり、自らを「Kuma-Kougen-Town」と称していながら、担当者が異なるだけという理由からなのか、これまた、案内文の中に「Kumakogen-cho」などが、確認できたりもしてしまう。

 あとは、消防本部WWWアドレスどおりの「KUMAKOGEN」で、久万高原警察署は、背いた「KUMA KOUGEN」であり、社会福祉協議会は、ドメイン名までもが「kumakougen-shakyo.or.jp」だったりする。


[久万高原町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2008-10-24 06:57 | 地名のローマ字表記

<< 江差町と枝幸町      斜里町による北海道 >>