2006年 08月 24日
宝達志水町

 様子見に、過去のエントリで調べた“山陽小野田市”の公式ホームページを訪ねたら、題字画像の英語名から、ハイフンらしきものが取れているけど、英語のページでは、以前と変わっていない。

 市立厚狭小学校には、斜線を用いた「SANYO/onoda-ASA」が見られ、そのサイトに利用している、ドメイン名の情報によれば、それを登録した、教育委員会の名前が「Sanyo Onoda」というふうに、分けられているのに、英文での、同委員会の住所としての市名はというと、あれれれ、こちらは横線で、結びつけられている。

 同じ用途の“cty-so.jp”では、さらに「Sanyo-onoda-city」と付け加えらていて、市立図書館にも「Sanyo-onoda」が、確認できる。

 しばらくは?「SAN'YŌONODA-Shi」の表記が、期待できそうもない、のと同時に「Sanyou~」になる、心配もなさそうだ。

 ついでに、よもやのSan--onoda」と記されていた、地図で“周防大島町”を確かめると、やはり「Suō-ōshima」である。

 これら2つの市と町が誕生してから、初めてとなる国勢調査の統計表には、それぞれ「Sanyoonoda-shi」と「Suooshima-cho」というふうに、例外的な扱いではなく、順当に、つづられている。

 ついでのついでに、ドメイン名を改めたにもかかわらず、WWWサイトの各ページに、大きく「KIHOU」と表示している“紀宝町”を再訪してみたら、創刊号から“広報きほう”の表紙には「Kiho」と、表記していることが、判明した。

 そのまたついでの、合併してから、ずっと「Touhoku」だった“東北町”の“広報とうほく”はというと、創刊から1年くらいを経た、今年の5月号から「Tohoku」に、変更していたりなんかする。

 もひとつついでに、サイトのアドレス内で「happou」の“八峰町”を訪れると、ドメイン名をそのままに、いつの間にか、題字画像が換えられていて、食い違う「Happo」と書かれていたりする。

 あっ、そうそう、そうだ、ということで“宗谷支庁”は、国調などの統計表に「Soya-shicho」と、記載されているようだ。

[HODATSUSHIMIZU-Cho]

 そうなると、この際だから、金沢に住んでいたよしみで、1年半くらい前、石川県に発足した、その直後には“作成中”だった、あの町に、行ってみたくなるのが、人の常というものだろう。(嗤)

[宝達志水町 Houdatsushimizu Town]

 雄町と押町が合併し、能登半島で最高峰の名前を冠した、宝達志水は、当初から、eメール用のドメイン名「town.hodatsushimizu.lg.jp」と、サイト用の「hodatsushimizu.jp」を登録しているので、各WWWページには「Hodatsushimizu Town」という、英語での名称で、著作権を表明してあるのだが、要所であるところの題字画像には、何たることか「Houdatsushimizu-town」などと、照合を怠ったのだろうか、表記されていたりなんかする。

[宝達志水町 Hodatsushimizu Town]

 それを反映するかのように、この町への入り口に立っているであろう、道路標識を写真検索したところ、2種類ともが、見つかってしまった。

[JR七尾線の駅名標「宝達 Hōdatsu」]

 国勢調査における、つづり方は「Hodatsushimizu-cho」だし、JR西日本の“宝達駅”も、順当な「Hōdatsu」だ。

 同じく能登に、能都町(ノトマチ)などによって、同じ日に生まれた、能登町(ノトチョウ)は、題字画像の中で、町名を正しく読んでもらうためだろう、仮名を振っている。

 これら新しい2町が、名付けられるまで、県内および隣接する富山県に、歴史的になのか“チョー”と読む、自治体はなかった。

 それによる、不自然さから生じることもありそうな、違和感を和らげるためにも、ローマ字名で「HŌDATSUSHIMIZU-Chō」というふうに、漢字の題字に、併記してみては、どうなのだろう。

 それとも、すべてが“時季の出逢い”のように「HOUDATSU~」へと、移り変わってしまうのだろうか。(哭)


[宝達志水町役場の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2006-08-24 18:21 | 地名のローマ字表記

<< 真岡市      伯耆町と大木町(後編) >>