2005年 11月 24日
曽於市

 鹿児島県の曽於郡というところに、 大隅町があった。

 そこのWWWサイト・アドレスは「town.ohsumi.kagoshima.jp」で、同町は、英語名も「Ohsumi Town」で、登録している。

[OSUMI-Cho]

 そして、ここを含む旧3町により、設置された“曽於北部合併協議会”のローマ字表記は「Sohokubu Gappei Kyougikai」だ。

 かつてのシドニー五輪で、野球チームを率いた“太田垣耕造”監督の、ローマ字での氏名を思い出した。

 彼のジャージには「OHTAGAKI」、テレビの字幕では、名字のほうは失念したが、名前は、たしか「Kouzo」だったはずだ。

 それはさておき、同じ郡内に、もう一つ発足した“南曽於地区合併協議会”のWWWアドレスには「minamiso」が、確認できる。

 こちらの協議に加わっている、曽於郡3町の区域にある、志布志高校のサイトでも「So」というふうに、書かれている。

 同じく、郡内にある、松山町商工会のサイトには、びっくり仰天、何とまあ「sooh」と、つづられてしまっている。(嗤)

[テレビドラマに登場した架空の“大葉建設”]

 いつだったか、テレビドラマに出てきたので、すかさず、写真に収めた「ŌHBA」以来の過剰長音表記に、衝撃を受けた。

 同郡で唯一、合併する予定のない大崎町は、発音を「Osaki-Town Soh-Gun」のように、区別しているところが、面白い。

 大崎町商工会を見ると、読み仮名どおりの「Oosakityou」に、なっている。

[SOO-Shi]

 ほとんどが、このように“曽於”を引き音の「」と捕らえている環境なので、北部の協議会が、合併後の名称を“曽於市”に決定したことを知り、箕面市のように「SOH」になる恐れを抱きつつ、見守っていたけれど、杞憂に過ぎなかった。

 同市のWWWサイトには「SOO」とあるし、登録しているアドレス「city.soo.lg.jpcity.soo.kagoshima.jp」のドメイン情報を検索しても、この表記、つづりで、徹底していることが、わかる。

 地図を見ると、この地域は、言語のアクセントに、特異性を持った、知る人ぞ知る、隣県の都城市に、隣接している。

 詳しくは分からないが、たぶん“橋・端・箸”が、すべて同じ、共通アクセントの“橋”になることが、特徴だと認識している。

 “あしたのジョー”と「ミヤコノジョー」が、現地では、どうやら、違わない音調になるものと思われる。

[ETO'O]

 そうした推測をもとに、さらに類推すると、郡や地域の名前でしかなかった頃は、気にも留められなかったけど、ドメイン名の登録に当たり、都城なまりで、改めて発音してみたら“ハシ”と同様に“ソ”より“オ”が高く、そのあとが低くなる、要するに、長音ではないから「SŌ」ではないとの判断が、あったのではなかろうか。

 紙誌などの中で、カメルーン代表のサッカー選手「ETO'O」のカタカナ表記が“エトー”なのか、それとも“エトオ”にしているかの違いに、似かよったものが、感じられなくもない。


[曽於市役所の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2005-11-24 07:54 | 地名のローマ字表記

<< 日進市      箕面市 >>