2005年 10月 24日
駅名標のヘボン式

 鉄道の駅には、ホームに、そこの駅名が記された、標識がある。

 それには、九分九厘?、ローマ字名が、併記されているようだ。

 過去のエントリに出てきた、パスポートに記載される“旅券用ヘボン式”や、道路標識に使用される“案内標識用ヘボン式”とは異なる“駅名用ヘボン式”で、表記されていることが、多い。

[JR山陽本線「新南陽」の駅名標]

 WWW検索したところ、鉄道掲示規程というものによる方式らしく、私の解釈しているヘボン式に、最も近いものだ。

 規程とは、前回のエントリで述べた“アポストロフィ”に関する部分くらいにしか、違いがない。

 例えば“新南陽”だと、私のSHINNAN'YŌ」に対して、駅名は「Shinnan-yō」というふうになっていて、道路の案内標識と同じように“ハイフン”を分音符として、使っているところが違う。

 “観音寺”駅の標識には「Kan-onji」と、つづられている。

[道路・案内標識の「O-haru Town」]

 最大の特徴は、長音符を用いているところで、このことにより、「SATOH」にしたい心理や、それに影響されたのではないかと思われる「O-haru」にする動機を抑えることが、できている。

 JRなど、旧国鉄の路線を引き継いでいる鉄道の駅名は、だいたい規程どおりに、長音表記されているようだけれど、案の定、私鉄などの中には、旅券や道路標識と同じく、符号を省略しているところのあることが、WWW上に見られる写真で、確認できる。

 東急線の“中央林間”駅は「Chūō-rinkan」なのに、小田急線のほうは「Chuo-rinkan」と、書かれているのが、わかる。

[山形鉄道・フラワー長井線「南陽市役所」の駅名標]

 また“南陽市役所”駅の標識には「NANYŌ-SHIYAKUSHO」と表示されていて、規程に従えば「NAN-」となるところなのに、以前のエントリに登場した「Den-en-chōfu」のようには、思い切れなかった様子が、うかがえる。

[道路・案内標識の「Nan yo City」]

 ハイフンを連字符として使用することを優先したものだから、音を切り離すためにも利用することが、ためらわれたのだろうか。(嗤)

 「NAN'-SHIYAKUSHO」としたり、掲示規程に反しはしない?「NAN-YŌ SHIYAKUSHO」のように、連ねなければ、よさそうなものだが、独自の規程でもあるのだろうか。

 他にも、見つけた道路標識の写真によれば「Nan yo City」というふうに、空白によって、分音を表現している、例がある。

 もはや、驚くことではないのかもしれないが、JRで、前出の新南陽駅に関する情報を調べると「Shin-Nanyo」であったりする。

 いろいろな段階で、規程が、軽視ないし無視されてゆき、最後までは及ばない、そんな、あきらめを覚える。


[南陽市役所の周辺地図]

[PR]
by sampu4 | 2005-10-24 07:01 | 地名のローマ字表記

<< 高遠町      観音寺市と新温泉町 >>