2005年 07月 24日
ヘボン式を支持する理由

 プロ野球・北海道日本ハム球団に所属するファイターたちのジャージを見ると、袖の「NIPPON-HAM」には“ハイフン”があり、胸の「NIPPONHAM」には、それがない。

 さらに、胸の方に注目すると「NIPPON」と「HAM」の間に、わずかばかりの“空白”がある、ように見える。

 みごとに、山陽小野田市の「SANYO-ONODA」には袖の「NIPPON-HAM」が対応し、胸の表記は「SANYOONODA」と「SANYO ONODA」とを兼ね備えている(嗤)、ように感じられる。

 きっと両者に、同じような気持ちが働いたため、なのだろう。

 もちろん、スポーツのチーム名、あるいはチーム所有者の名前が、どのように書かれていようと、構いはしない。

 しかし、地方“公共”団体である都道府県や市区町村の名称は“正式な1つのローマ字表記”に定める、必要があると思う。

 地方自治体名の中に“空白”や“ハイフン”が使われていたり、いなかったり、同じ自治体なのに、つづり方が、印刷物やウェブサイトなどのページによって、または、同一のページ内で異なっていることを積極的に歓迎する人などいない、はずだからだ。

 山府市に関する「これまでの思い」と、前回のエントリで述べたとおり、ローマ字つづりの方式は、訓令式などではなく、地域型JPドメイン名LGドメイン名を登録する際の原則でもある“ヘボン式”で問題ない、OK、地名表記には、これが適していると思う。

 ヘボン式では、た行の音を例に挙げると、訓令式などの「TA-TI-TU-TE-TO」に対して「TA-CHI-TSU-TE-TO」、同様に「TYA-TYU-TYO」に対して「CHA-CHU-CHO」というふうに書き表わし、母音には差違がなく、子音などが“英語風”になる。

 見て判るように、不規則で覚えにくいという理由などで、ヘボン式表記に反対する意見もあるようだが、ほとんどの日本住民が英語を学ぶし、そもそも、ローマ字・アルファベットの読み方「エー・ビー・シー」が英語風であり、例えば「愛知」は「AITI」より「AICHI」としたほうが、自然に受け入れられる人が多いだろうし、不自然に感じる人は少ないはずだから、適役だと思う。

 問題あるのは、ヘボン式を定義すること、どのように解釈するかということと、いくつかの市町村名の発音を判断することで、どうも、これが簡単なことではないようなのだ。


[PR]
by sampu4 | 2005-07-24 06:15 | 地名のローマ字表記

<< 旅券のヘボン式      ここにだけハイフン >>