2011年 01月 04日
聖籠町のドメイン名

 あの“天白区”を「Tempaku」としている、あの“名古屋市”が順当に、本丸御殿を「Hommaru」と、つづってなんかいる。(悦)

 その名古屋城は、かつてnagoyajo.naka.nagoya.jp」だったようだし、名古屋港管理組合が「port-authority.minato.nagoya.jp」を使用中、だったりなんかもする。

 そして、千代田区立図書館は「library.chiyoda.tokyo.jp」だし、青梅市図書館は「library.ome.tokyo.jp」であり、都内では他にも、瑞穂町図書館が「library.mizuho.tokyo.jp」であるなど、多くの自治体が、この形式のドメイン名を登録し、利用している。

[SEIRO-Machi]

 他府県を探ってみても結構、見つかるし、そういえば、変わってしまったけど、あの“カルトピア”も、そうだった。

 だとすると、静岡県清水町と静岡市清水区、それに旧・清水市は、いずれも「example.shimizu.shizuoka.jp」なのだろうし、あの“士別市と標津町”は「example.shibetsu.hokkaido.jp」となり、見分けがつきそうにない。(困)

 さて、新潟県聖籠町は「town.seiro.niigata.jp」であり、WWWサイトでは「SEIRO TOWN」と名乗っているのに、その町民会館が、どうしたことなのか「kaikan.seirou.niigata.jp」なのである。

 あの“丹波氏”の「TETSURO」と、それから、あの“原田氏”の「DAIJIRO」に対し、同じテレビ番組でも“清水氏”が、のばした「KENTARŌ」であったことよりも、違和感を覚える。(嗤い初め)

 あの“枝幸町”が「esashi-esashi.hokkaido.jp」ではないこと、および、あの“清川村”が「town.kiyokawa.kanagawa.jp」だったりするのに続き、新年を迎え、3つ目の不思議を見つけてしまった

 ちなみに、東京都足立区は「city.adachi.lg.jp」を取得していて、福島県の安達地方広域行政組合には「union.adachi.lg.jp」で、つながってしまう、という事例があったりなんかもする。

 あの“広島町”なら、広島市広島県と同じ「hiroshima.lg.jp」だったり、あの“横浜市”と青森県横浜町が「yokohama.lg.jp」であったりなどするのとは異なり、安達郡安達町は消滅したものの、都道府県でも市区町村でもない、団体の名称として、こんな形で名残っている。(哭き初め)


[PR]
by sampu4 | 2011-01-04 07:36 | 地名のローマ字表記

<< 続・熊本市の行政区名      倶知安町 >>