2010年 05月 24日
周防市と長州市あるいは防長市

 大阪の知事が、府市再編を提唱してから少したつけど、山府市の誕生を夢見ながら私は、こんな県と市の編成も考えていた。

 平成の大合併は、基礎自治体を減らすことが目的なのだから、いっそのこと山口県を二分しては、どうなのだろうかと。

[山口県(防長市)の地図]

 のちに山口市へ編入された、あの“阿東町”が、そうではないけれども、周防国だった地域と、ほぼ全域が長門国だったらしい、残りの部分とに。

 名称は“周防市”および、長門市は現存してしまっているので“長州市”だったりしたら、異論が少ないのではなかろうか。

 そして、それぞれ、岩国・柳井、周南、山口・防府の3つ、萩・長門、厚狭・美祢、豊関といった風にでも区割りして、政令指定都市に移行することで、県の権限が減り、その規模が大幅に縮小できるはずだ。(悦)

 しかし後者の場合、あの“相模原市”や“熊本市”などが集めた、人口要件の70万に、数万人ほど足りない。(困)

 そのために昇格が認められないのなら、思い切って全県で1つの“防長市”になる、という手だってなくはない。(嗤)

 それでも、最大の横浜市より200万人余りも少ないくらいだし、おまけに、市町村合併を推進した、県知事が不要にもなりそうだ。

 となると、市役所の中に県庁部でも設置しておき普段は、そこの部長が全国の都道府県と付き合うことになるのかな


[PR]
by sampu4 | 2010-05-24 07:34 | 市町村合併

<< 御殿場市      大野町 >>