2011年 07月 24日
【最終回】気象庁と私との違い(後編)

つづき。

 それなりに規則はあるらしく、はねる音促音は、ヘボン式で徹底されていて、一部“OH長音表記”が見つかり、ハイフンが“道路標識”や“駅名標”みたいに、使ってあったりなんかもする。

 ちなみに、日本郵便は、〒番号データにおいて、おそらく、読み仮名から変換する際に、のばす音ではない場合を考えなかったのだろう、広尾町を「HIRO」、豊丘村豊岡市を「TOYOKA」、西之表市NISHINOMOTE」、曽於市SO」、また、琴浦町を「KOTORA」、瀬戸内市を「SETOCHI」、それに、勝浦市松浦市を「KATSURA」・「MATSURA」などと、つづってしまっている。(哭)

 残念ながら、豊後大野は“ブンゴオーノ”ではなくて“ブンゴーオノ”としての「BUNGOONO-SHI」だと思われる。(嗤)

 そして、川根本町は「KAWANEHON-CHO」だったりする。


[PR]
# by sampu4 | 2011-07-24 12:34 | 地名のローマ字表記
2011年 07月 24日
【最終回】気象庁と私との違い(前編)

 気象庁が、警報と注意報の対象となる、自治体や地方などの名前をローマ字でも発表しているので、私なりの表記と比べてみた。

つづく


[PR]
# by sampu4 | 2011-07-24 12:33 | 地名のローマ字表記